YouTube APIを利用するための手順を画像付きで丁寧に解説する

動画まとめサイト

外部コンテンツを利用する方法はいくつかありますが、ここではAPIを利用して動画データを利用する方法をご紹介します。せっかく動画サイト側が無料で提供してくれているので、ありがたくフル活用させて頂きましょう。

APIには提供サービスのアカウントや設定が必要なものと、特に利用開始の手続きを必要とせず、URLにパラメータを付けて実行するだけで、すぐにデータを呼び出せるものの2種類があります。YouTube APIはgoogleのアカウントを必要とする前者ですので、まずはアカウントの取得から始めましょう。

このページではgoogleアカウントの取得からGoogle Cloud Platform内でAPIを設定する手順までを、なるべく分かりやすく書きました。少し長いですが、手順自体は簡単なので誰でもできると思います。

YouTube APIの利用開始手続き

YouTube APIの利用に関する公式のマニュアルはこちらに用意されています(YouTube Data API の概要)。ただ少々読みずらいので、画像を交えながら解説していきます。

googleアカウントの取得

googleのアカウントを持っている方も多いと思いますが、おさらいのつもりで解説していきたいと思います。すでにお持ちの方は、次の「Google Cloud PlatformからAPIを登録する」の見出しまで読み飛ばして下さい。

それでは「Google アカウントの作成」ページから必要情報を入力していきましょう。

名前、メールアドレス、パスワードを設定して下さい。

メールアドレスはgmailを新規に取得するか、既存のメールアドレスを使用するか選択できます。ただし、既存のメアドを使用する場合でも別アカウントのgmailアドレスを使い回す事はできないようですので、ご注意下さい。

上記の電話番号の確認ページは出る場合と出ない場合があるみたいですので、不要だった方は読み飛ばしてOKです。連続でアカウントを取得しようとすると表示されるのかもしれませんが、詳しく検証はしませんでした。

googleからすぐに確認コードが送られてくるので入力しましょう、音声通話でのコードの確認もできるので、好きな方を選んで下さい。

電話番号、再設定用のメールアドレス、生年月日、性別を入力して下さい。

電話番号とメールアドレスは省略が可能ですが、トラブルが起こった際にスムーズに対応できるようになるので、省略せず入力しておく事をオススメします。最悪、アカウントが復旧できないようなトラブルでも、アカウント自体は何度でも取得できるので致命的な問題はありませんが、余計な手間が発生しないように保険を掛けておいた方が良いです。

規約文章を下までスクロールすると同意ボタンが出てきますので押します。

ウェルカムページが表示されればアカウント取得完了です、お疲れさまでした。続いて取得したアカウントでYouTube APIの設定を済ませちゃいましょう。

Google Cloud PlatformからAPIを登録する

APIを使うためには Google Cloud Platform > APIとサービス から設定を行います。見慣れない画面が続くかもしれませんが、難しい事はないので1個ずつやっていきましょう。

プロジェクトの作成

APIとサービスを開いたら左サイドバーにある「認証情報」クリックして下さい。画面中央にプロジェクトの作成ボタンが表示されますので、これをクリック。

任意でプロジェクト名を変更できるので分かりやすい名前を付けて下さい、終わったら作成ボタンをクリック。これでプロジェクトの作成は完了です。

APIキーの発行

先ほど作成したプロジェクトが選択されている事を確認し、もう一度左サイドバーの「認証情報」をクリック後、画面中央の認証情報の作成ボタンをクリック。

ポップアップ内のAPIキーをクリック。

これでAPIキーの発行は完了しましたが、このままだと今発行したAPIキーは誰でも使用する事ができる状態です。トラブル回避のために、自分しか使用できないように制限を設定しましょう。

【リファラで使用を制限する場合】

まずはAPIキーの名前を分かりやすく変更します。アプリケーションの制限はAPIを使用するドメインや、サーバーのIPアドレスでも制限を行う事もできます。都合の良い設定を選んでください、今回は当サイトのドメインからしかAPIを実行できないように設定してみました。

【ipアドレスで制限する場合】

レンタルサーバーからapiを実行する場合は、ipアドレスで利用制限を行う方がcronも使えるので便利です。mixhostのレンサバipの調べ方はこちらです。

プログラムからAPIを実行する際にエラーが発生して動かない場合は、ここのAPIキーの利用制限の設定を間違っている可能性があります。ワイルドカードの付け忘れやIPアドレスの間違いなど起こりやすいので、一応覚えておいた方がいいと思います。

YouTube Data API v3の有効化

先ほどAPIキーを発行したので認証情報にキーが表示されるようになりました。左サイドバーのライブラリをクリック。

これがgoogleで提供しているAPIの一覧です、ここにあるAPIでどんな事ができるのか考えるだけで僕はわくわくしちゃいます。今流行りの機械学習に関するAPIもありますし、これらがすべて無料とか信じられません。すべてを使いこなせるようになれば自分の世界が変わるんじゃないかと期待しつつ、僕も毎日勉強してます。まずはYouTube APIを探しましょう。

一番左がYouTubeの動画データを利用できるAPIで、正式名称を「YouTube Data API v3」と言います。ここから、クリックして有効化しましょう。

有効にするボタンをクリックするだけてAPIが使用可能になります。

この画面が表示されればプロジェクトにAPIが追加されました。「APIとサービス」のダッシュボードから追加されたYouTube Data API v3を確認してみましょう。

はい、これでようやくYouTube Data API v3を使用する準備が整いました、お疲れさまでした。

次回予告

ずいぶん長くなってしまいましたが、上記の手順通り進めればYouTube Data API v3を使用できるようになります。次回は実際にAPIを利用してデータを取得する方法を解説します、技術的な細かい話は横に置いて、何をすれば求めるデータが得られるのかを中心に解説する、実用書っぽいものを書いて行きたいと思います。

投げ銭はこちら(*‘∀‘)
僕はいつも晩酌しながら記事を書いてるんですが、もしこの記事が面白かったら一杯おごって貰えませんか(*ノωノ) お酒パワーがあれば次の記事も頑張って書けます!
炭酸系はちょっと苦手で日本酒とウィスキーが好きです!オススメがあればメッセージで教えて下さい('ω')ノ
nagesen@diy-programming.site → amazonギフト券

youtubeの動画を自動で投稿するwpプラグイン完成!

当サイトで解説しているyoutube動画まとめサイト作成のノウハウを元に、誰でも簡単に動画まとめサイトが作れるwpプラグインを作りました。

主な機能なこんな感じです。

  • 手動更新(cron不要)
  • 完全自動更新(cron必要)
  • 動画重複チェック
  • 1度の処理で50件以上の動画を収集&投稿可能
  • 使用するwpテーマは何でもOK
  • 動画の取得順指定
  • 収集対象動画の期間指定
  • キーワード検索
  • チャンネル指定
  • カテゴリ指定
  • 取得件数指定
  • 予約投稿
  • 本文テンプレ挿入
  • 動画説明挿入

プログラムの自作が難しい方はこのプラグインを使用してする事で、簡単に動画まとめサイトのオーナーになれますよ。良かったら試してみて下さい。

コメント