プログラミング知識一切不要でDMM・MGS商品ID付きの動画URLを自動収集する仕組みの作り方【2020年2月15日】

動画重複による表示遅延の影響と回避方法【エロタレスト攻略】

エロタレスト攻略

エロタレスト傘下でアダルト動画サイトを運営していると、ルールを守っていても様々なペナルティに遭遇します。動画重複・タイトル重複・動画削除・権利者クレームなど僕も知らないペナルティもあると思います。これらのペナルティは該当記事へのアクセスに大きな悪影響を与えます。

ごく普通に運営していても頻繁に遭遇するペナルティの内、今回は「動画の重複」についてお話したいと思います。いくつもあるペナルティの中でこの「動画の重複」は対策さえ行えばほぼ100%回避する事ができます

いつものようにこのペナルティの対策を、時間と労力をかけずに効率よく回避するにはどんな方法があるのかご紹介したいと思います。

エロタレストで一番頻繁に遭遇するペナルティ

エロタレストの基本仕様として、一度使用された動画は一定期間経過しないと記事にしても動画一覧や検索結果に表示されないという仕組みがあります。このルールがなければ人気の出そうな動画だけが動画一覧を埋め尽くしそうなので、必要な決まり事だと思います。

しかしそれでも、現状のエロタレストは多くのサイトで人気の動画を食い合っている飽和状態で、アクセスの集められそうな動画は常にどこかのサイトが使用しています。何も知らない新規参入者が普通に記事を投稿しても「表示遅延・表示遅延・タイトル重複・表示遅延…」となり、どうすりゃえんじゃい!とマウスをぶん投げる事必須です。

これから説明する内容を理解し動画重複の対策方法を学べば、多くのライバル達が苦しんでいる表示遅延ペナルティに対しほぼ完璧に回避する事ができます。得られるアクセス数を大きく底上げする重要なポイントなので、じっくり読んでみて下さい。

【発見】記事アクセス数ページ内にメッセージが表示

この表示遅延ペナルティは記事が削除されるわけではないので、管理画面の「除外記事」ページ内には表示されません。このペナルティを受けていないか確認するためには「記事アクセス数」ページ内の記事タイトル下に地味に表示されます。なんとなくアクセスが少ないな、と思ったら表示遅延を食らっている事に気付いていないのかもしれません。

運営に慣れてくると、個別の記事アクセス数まで細かく見なくなってしまう僕のような方もいると思うので、表示遅延の発見が遅れないようたまには「記事アクセス数」ページを確認するようにしましょう。

【原因】再利用可能期間を経過する前の動画を掲載

同一動画の再利用可能期間は7日間(168時間)です。この期間を経過する前に記事として使用してしまうと、「動画重複」と判定され「表示遅延」ペナルティを該当記事が受けます。

【影響】エロタレスト内で露出されずアクセスは皆無

表示遅延ペナルティを受けると記事の収集・登録自体は行ってくれますが、投稿日から8日間(192時間)動画一覧や検索結果等で一切露出されなくなります。8日経過すれば表示されるようにはなりますが、当然1週間以上前の記事なので表示順は相当に後ろのほうになり、アクセスはほぼ期待できません。

つまり、このペナルティへの対策が出来ていないと財布に穴が空いているみたいなものです。どんなにクオリティの高い記事が作れても、記事が新鮮なうちにエロタレスト内で表示して貰えないのであれば投稿した意味がありません。エロタレ傘下でアダルト動画サイトを運営するなら一番最初に対策しなければいけないペナルティだと思います。

レベル別のペナルティ回避方法

マイナーな動画サイトから動画を集める、マニアックなジャンルを扱うなど競合しづらい動画を使用するという対策と取っている運営者も多いと思いますが、これでは根本対策にはなりません

このペナルティを回避する方法は1つしかありません。再利用可能期間を経過した動画を掲載して記事を書く、これだけです。エロタレストでは動画がいつ使用されたかを確認する方法が2つあって、それを活用する事でペナルティのほとんどを回避する事ができます。

【それなりの対策】エロタレストの動画検索機能を使う

エロタレストの管理者ページには「動画検索」という機能が標準装備されており、このページで使用する動画のURLを検索すると、その動画が最後にいつ使用されたかを確認する事ができます。

つまり、使用予定の動画が他のサイトで使用されてから7日間以上経過しているか確認する作業を、毎日の執筆前の作業として追加するんです。これで再利用可能期間が経過している動画のみを扱って記事を書くので、ある程度表示遅延のペナルティは抑えられるようになります。

しかし、予約投稿した記事の内実際に投稿されるまでの間に他サイトにその動画を使用される場合もよくあります。執筆時に手作業で再利用可能期間を確認するこの方法では、記事を予約して投稿を待っている間にライバルサイトに先を越されるパターンは回避できません。

ですが、エロタレストが提供しているAPIとPHPプログラムを活用する事で、記事ストック時の動画重複を次のように回避する事ができます。

【一番精度の高い対策】投稿の直前にAPIで自動チェックさせる

APIだと簡単に直近の投稿データが取れる

これが僕が実践している表示遅延回避策で99%は回避できます。100記事に1つくらいは表示遅延食らいますけど、これは対策不可能な仕様みたいなもんで流石に100%は無理でした。

プログラムの仕組みを簡単に説明するとこんな感じです。

  1. cronにプログラムの実行日時を指定(記事投稿日時)
  2. 保留状態の記事をDBから検索する
  3. 記事で使用した動画URLを重複チェックAPIで叩く
  4. 直近の使用日時を取得
  5. 現在日時と直近の使用日時を比較
  6. 7日以上経過している場合はそのまま投稿
  7. 7日未満の場合は予約投稿日時を再利用可能日に上書き
  8. 6で記事が投稿されるか記事ストックが尽きるまで繰り返す

どうですか?このリストに書いてある事を自動でプログラムがやってくれたら、動画重複回避できそうですよね。ではこの仕組みを実装するためのポイントを解説していきます。

重複チェックAPIの使い方

重複チェックAPIは管理画面の「過去のお知らせ」内に詳細が記載されています。APIは使い方は簡単で「https://api.movie.eroterest.net/api_duplication/?key=【APIキー】&url=【動画ページのURL】」の形で調べたい動画URLを叩くだけです。返り値はこんな感じです。

url:動画ページのURL
status:通常はtrue(もしくは1)、なんらかのエラー時はfalse(もしくは0)
error_code:内部管理用のエラーコード
message:エラー時のみ日本語のメッセージが入る
pages:重複チェック対象の記事があった場合、対象記事が入る(配列)
title:記事タイトル
url:エロタレでの記事URL
create_date:記事投稿日時(unixtime表記)
create_date_date:記事投稿日時(Y/m/d H:i:s表記)

基本的なAPIの利用方法やプログラムで自動実行する方法はこちらの記事で紹介していますので、必要な方は読んでみて下さい。

自動チェックプログラムのイメージ

まずはWPの記事DB内の本文データから正規表現で動画URLを取得します。WPの記事DBについてはこちらの記事で解説していますので読んでみて下さい。

次は上記で取得した動画URLを重複チェックAPIのリクエストURLにくっつけて実行します。上記で紹介した記事でも書いていますが、実行には様々なオプションを簡単に実装できるCURLがオススメです。

この重複チェックAPIの実行で、過去に同じ動画を使用して書いたすべてのサイトの記事データが取得できますが、必要なデータは直近での記事投稿日時のみですので必要な部分だけ抜き出します。APIの戻り値の使い方についても上記の記事で解説してします。

ここまでで取得した他サイトの記事投稿日付が7日間経過しているかを判定し、経過していたら対象の記事を投稿済みの状態へ変える、経過していなかったら予約投稿日時に再使用可能日時をセットして7日間経過した動画が見つかるまで重複チェックを繰り返す。

と、僕が作ったツールはこんな感じです。制作に必要な情報はすべてこのブログに詰めこんでいますので、ぜひチャレンジしてみて下さい。

エロタレストの表示遅延を回避するwpプラグインが完成しました!

エロタレストに記事を投稿する際、自動で動画重複をチェックし表示遅延を回避するプラグインを作りました。手動の記事更新では回避する事が難しかった表示遅延ペナルティをほとんど回避する事ができます。主な機能なこんな感じです。

  • エロタレストAPIキー対応
  • 自動投稿処理(cron必要)
  • pornhub・tube8・sharevideosに対応
  • 記事ストックの表示
  • 累計回避率の表示
  • APIエラーリスト
  • 動画URLの正規表現修正機能

「speedloader」でエロタレストのペナルティに対策する事で、毎日のアクセス数を底上げする事ができます。最大数までエロタレストに記事を登録してたくさん稼いじゃって下さい。

まとめ

今回は動画重複ペナルティの回避方法について解説しました。冒頭でも言いましたがこの対策は記事のアクセス効率を底上げするための非常に重要なポイントです。できれば本格的に動画サイトの運営を始める前にしっかり準備を終わらせる事が望ましいと思います。

今後はこういったツール類を自作する事が苦手な方用に、インストールするだけで動画の重複チェックを自動で行ってくれるようなWPプラグインも作ってみようかな~と考えています。プラグインのテストに協力してくれる方も必要なので、使ってみたいと思う方はお問い合わせからご連絡下さい。

お悩みレスキューのコーナー('ω')ノ
Q:記事を書くのに時間がかかってくじけそうです。。。時間を短縮するいい方法はありませんか?
A:1記事3分くらいで執筆できるようになる「エロタレスト専用高速執筆エディター」を販売しております。僕の片手間サイトをランク4まで押し上げてくれた実績のあるツールですので、良かったらお試し下さいm(_ _)m
他にも、当サイトで公開している2種類の「動画CSV」という無料ツールと、「Really Simple CSV Importer」という無料プラグインを組み合わせて使う方法や、動画自動収集システムの構築マニュアルなんかもありますんで、試してみて下さい('ω')ノ
参考:人気動画CSVと無料プラグインのコンボで執筆効率を高める手順
Q:書いた記事の1/3くらいが動画重複ペナルティで無駄になってしまいます。ペナルティを受けないようにするにはどうすればいいんでしょうか?
A:動画重複ペナルティを回避する方法はこちらの記事で詳しく解説しています。プログラムの知識が必要なので、自作が難しいようであれば「表示遅延回避プラグイン」の販売も行っていますので、ぜひお試し下さいm(_ _)m
Q:WP初心者なんですが沢山あり過ぎてどのテーマを使えばいいか分かりません。オススメのテーマとかありますか??
A:人気や情報の多さから「Luxeritas」が良いと思います。公式で作者さんがアダルトOKと言ってたのも安心ですね。ただ標準テーマはSEOに特化した構成でエロタレスト攻略用には少し物足りないです。なので、ルクセリタステーマをエロタレ攻略用に改造するマニュアルを作成しましたんで、読んでみて下さい('ω')ノ
Q:タイトル被りのペナルティを無くしたいんですが、コツを教えて下さい!
A:同一動画を使って記事を書いているライバルサイトを同じキーワードを使用すると、タイトル重複ペナルティを受ける確率が上がります。誰もが使うようなキーワードは避ける事、あまり使用されていない動画で記事を書く事で、タイトル重複を受ける確率は減らす事ができます。
参考:サイトランクの理解とランクアップ戦略
Q:スマイルさんのサイト見せて下さい!
A:実はお問い合わせの中で1・2を争う件数を寄せられる内容がこれです。僕のサイトを見ても普通でそんなに面白くないと思いますんで、僕のサイトのアクセス解析値をすべて公開している【エロタレ攻略で積み上げたアクセス解析数値をすべて公開!】という記事を書きました。僕的にはかなり恥ずかしい内容ですがサイト運営に役立てて下さい(*ノωノ)
Q:ユーザーが思ったよりも広告をクリックしてくれません。。。収益を伸ばすためにはどうすればいいんですか?
A:マネタイズカテゴリーの記事で何度か言及していますが、やはりABテストをコツコツと地道に実施するのが王道だと思います。その効果を理解してもらうために【成長途中のエログでも2ヵ月で〇〇万円稼いだマネタイズ法を実際の売上明細と共に解説!】という記事で、広告売上の数字を元にマネタイズを考察しています。僕のサイトの客単価を例として掲載してますんで、自分のサイトと比較してみて下さい('ω')ノ

コメント

  1. muse より:

    はじめまして。
    いつも参考にさせてもらってます。
    ありがとうございます。
    「エロタレスト人気動画CSV」利用しています。
    記事も大変参考になります。
    貴重な情報ありがとうございます。
    そのうえで、こんなこと聞いても答えていただけるかわからないのですが。
    一応、自分なりにこちらのページを参考にしつつ動画重複ペナルティ回避のPHPを組んでみたのですが・・・。
    データベースに突っ込んだ、動画URLを引っ張り出してチェックして再利用の時間をチェックするまではできました。
    ですが、ヒントの6と7の部分特に7の部分で「予約投稿日時を再利用可能日に上書き」がデータベースに入れるとができず悪戦苦闘中です。
    Googleなどで検索しても参考になりそうなものが見当たらない状態で・・・。
    もし良ければ、何か参考になるものでも教えていただければうれしいです。

    • DIYプログラミング管理人 より:

      コメントありがとうございます、管理人のスマイルです(‘ω’)ノ

      >ヒントの6と7の部分特に7の部分で「予約投稿日時を再利用可能日に上書き」がデータベースに入れるとができず悪戦苦闘中です。

      予約投稿日時はWPの記事DBに入ってますんで、そこに「再利用可能日」を計算してアップデートする感じですかね。

      頑張って下さい!